無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
【和食】浜焼き酒場 トロ函(とろばこ)
 JUGEMテーマ:リーズナブルな飲み屋・首都圏

トロ函 トロ函2
店舗外観 七厘

 上野駅と御徒町駅の間、アメ横近くを歩いていると魚の焼けるいい香りがしたので近寄ってみますと、活気のあるお店がありましたので、思わず入ってしまいました。
 お店の入口である間口は広く、まるでテラス席のような開放感があります。
 広く開放している間口からは店の活気が道路まで伝わっているのか、道を歩いている歩行者たちが横目でお店を気にしているようです。

 私が通されたのはカウンターの席。
 浜焼きをお願いすれば、目の前に七厘が用意され、料理に対する期待は最高潮となりました。
 運ばれてきた四角の形をしている七厘は使い込まれた良さがあります。
 写真は「ねぎま」(まぐろとねぎの串焼き)と「鬼殻焼き」(えび)です。
 どれぐらいの頃合いが食べ頃かわからなかったので訪ねてみると、従業員の方がひっくりかえしてくれました。
 勝手がわからないので、セルフサービスなのかと聞いてみれば「半々ですね、どちらでも」とにこやかに答えてくれたのが印象的です。
 他にもこちらのお店の七厘で焼く浜焼きや貝焼きの他、刺身や煮込み等の一品料理もあります。

 どれも安く、素材の味が生きる食事です。
 ゆっくりお酒を飲むというよりも、楽しく食べて飲むお店です。
 従業員の明るいかけ声や、コミュニケーションにフレンドリーで楽しい気持ちになることでしょう。
 わいわいと楽しく飲みたい時に是非訪れてみてください。

 尚、七厘の煙で洋服等に魚の香りがついてしまいますので、お気を付けください。

■ お店データ(上野アメ横店)
 ◎ 住所
   東京都台東区上野6-8-1
 ◎ 電話
   03-6240-1223
 ◎ 営業時間
   月〜金   16:30〜23:00
   土・日・祝 15:30〜23:00
 ◎ 定休日
   無休
 ◎ Webサイト
   http://r.gnavi.co.jp/p982802/
 ※ 店舗リスト
   http://www.gnavi.co.jp/torobako/
   上野の他に新小岩、新宿、吉祥寺にお店があります。
| 甘夏 | 和食 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
【和食】新宿 綱八本店
JUGEMテーマ:和食全般

 今日は、新宿駅南口から徒歩5分ほどの場所にある天ぷら専門店「つな八本店」にやってきました。天ぷら屋さんというと、敷居が高く、気軽に立ち寄れない印象をお持ちの方も多いかと思います。しかし、同店はディナータイムでも千数百円で定食を食べることができるなど、リーズナブルな価格設定で多くのお客さんから支持を集めています。

つな八01.jpg つな八02.jpg つな八03.jpg
大海老と季節の天ぷら はもとはまぐり あゆ

 今回は、少し特別な食事ということで定食ではなく「こだわり膳(5,250円)」をチョイス。ビールで乾杯してほどなくして、大海老と季節の野菜や魚介類の盛り合わせが運ばれてきました。どの天ぷらも素材が新鮮なので、素材自体の甘味が強く、つゆや塩をごく少量つけるだけで十分うま味を感じることができました。

 ビールから日本酒にスイッチする頃に、はもとはまぐりの天ぷらがやってきました。同店のはまぐりは、身を細かく刻みダシや野菜と合わせたものを貝殻を戻して、殻ごと揚げてくれます。はまぐりのダシが利いたアツアツのスープで火傷しないよう、くれぐれも気を付けてください。はもも、とても丁寧に下処理がされており、ふんわりとやわらかく揚がっていました。

 続いてやってきたのは、あゆの丸揚げ。塩とレモンで、頭から豪快にいただきます。あゆ独特に苦味が口いっぱいに広がり、日本酒との相性が抜群でした。ここまで料理が出たところで、お店の方が「この後、小海老のかき揚げ、またはあなご天でお料理が終了となります。どちらになさいますか?」と声をかけてくれました。今回は2人でお店にお邪魔していたので、かき揚げとあまご天を1人前づつ持って来てもらうことに。

つな八04.jpg つな八05.jpg
小海老のかき揚げ あなご天

 10分ほどでやってきた、小海老のかき揚げは「これでもか!」と言わんばかりに海老がたっぷりと。つなぎの衣が本当に少なく、海老の甘味が口いっぱいにひろがります。ちなみに隣で食事を楽しまれていた常連さんらしきお客さんが、単品としてのかき揚げをキャンセルして、お食事(コースの最後に、ご飯と味噌汁、お漬け物が出ます)の時にかき揚げ丼を作ってもらうようお願いしていました。気になる方は、お店の方に相談してみてください。

 あなご天は、骨の下処理がしっかりしているので、骨の食感を感じることなく最後まで楽しむことができました。
 
 今回のお会計は、料理と飲み物込でお一人様7,000円程度。これだけの天ぷらをお腹いっぱい食べて、この値段はかなりリーズナブルなのではないでしょうか。自分の好みに合うか不安という方は、定食メニューから試されるのもいいかもしれませんね。

■ お店データ
 ◎ 住所
    東京都新宿区新宿3-31-8
 ◎ 電話
      03-3352-1012
 ◎ 営業時間
    11:00 - 22:30
 ◎ 定休日
   なし
 ◎Webサイト
   http://www.tunahachi.co.jp/
| バカ舌 | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【和食】新宿 ぶる

ぶる

 今日は、新宿西口にあるホルモン焼「ぶる」をご紹介します。
 様々な居酒屋が乱立する激戦区の新宿西口において、常に多くのお客さんで賑わっている人気店です。同店の名物は、芝浦市場から毎日仕入れる新鮮なホルモン。串焼きはもちろん、他店ではなかなか味わうことのできない貴重な部位のお刺身を楽しむことができます。

 今回は、秋季〜冬季にかけての限定メニューである「もつ鍋」をいただきました。丁寧に灰汁を取った塩味のスープに、たっぷりの野菜、そして全く臭みのないホルモンのトリオが作り出す味わいは、まさに絶品。以前にご紹介した中野・笑楽にもヒケを取らない逸品です。

 なお、お店が若干狭いため、週末などは早い時間から込み合います。確実に席を取りたい方は、予約を入れてからお出かけされることをオススメいたします。

■ お店データ
 ◎ 住所
   東京都新宿区西新宿1丁目15-10 エスアイシービル3F
 ◎ 電話
   03-3349-5400
 ◎ 営業時間
   17:00〜00:00
 ◎ 定休日
   日曜日
 ◎ Webサイト
   http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0333495400/index.html
| バカ舌 | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【和食】佐渡 手打ちそば たておか
JUGEMテーマ:蕎麦

たてかわ

 今日は、新潟県は佐渡島に旅行した時に立ち寄った手打ち蕎麦「たてかわ」をご紹介します。同店は、佐渡金山で知られる相川町の商店街にあるお店で、佐渡島の玄関口・両津港から車で約40分程度といったところでしょうか。基本的に週末と祝日のみの営業となっていますので、来訪される前に電話などで確認を取ることをオススメします。

 店内は民家のキッチンとお茶の間を改造したような作りになっており、どこか懐かしい雰囲気です。今回はざる蕎麦を注文しましたが、この他に豪華な天ぷらの盛り合わせがセットになったメニューもあります。

 蕎麦は、新潟らしくツナギに海藻をたっぷりと使った「へぎ蕎麦」の流れを汲む逸品です。食べた後に少々海藻くささが残り、いささか個人の趣味レベルを脱しない味でしたが、観光地で食べる蕎麦しては及第点でしょう。

 また、価格が非常にリーズナブルなので(ざる蕎麦1人前500円程度)、佐渡金山を見物する前の腹ごしらえには、ちょうどいいかもしれませんね。

■ お店データ
 ◎ 住所
   新潟県佐渡市相川一町目13
 ◎ 電話
   0259-74-4177
 ◎ 営業時間
   不明
 ◎ 定休日
   平日
| バカ舌 | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【お好み焼き】新宿 なんじゃもんじゃ
JUGEMテーマ:お好み焼き

新宿三丁目お好み01 新宿三丁目お好み02
サラダ お好み焼き

 夏は、粉モノとビールを思う存分楽しみたいッ!
 ということで、今日は新宿三丁目駅近くにあるお好み焼「なんじゃもんじゃ」にやってきました。3名以上なら、3,680円で食べ飲み放題(食べ放題は、お好み焼きともんじゃ焼き)と超リーズナブルな価格設定が魅力のお店です。今回はメンツが2人しか集まらなかったため、ぐるなびクーポンを使ってお好み焼き&もんじゃ焼き半額サービス(2時間)をお願いすることにしました。

 お店の中は、学生や若いグループがお好み焼きを食べながら、ガンガンお酒を飲んでいる姿を間近に見ることができます。そういえば、僕にもそんな時代があったなぁ…と学生時代を思い出しノスタルジィに浸ってしまいました。

 ただし、肝心の味は…というと、通常料金では食べたくないかな、と。飲み物の値段が若干高めなので、クーポンを使って料理が半額にならないと、まず行くことはないでしょう。とはいえ、3人以上集まれば4,000円を切る値段で好きなだけ飲み喰いできるので、ちょっとした集まりなどで利用するといいと思います。

■お店データ
 ◎ 住所
    東京都新宿区新宿3-7-5 一兆ビル新宿3〜4F
 ◎ 電話
    03-3356-5127
 ◎ 営業時間
    18:00〜24:00(日は17:00より)
 ◎ webサイト
    http://r.gnavi.co.jp/a903800
| バカ舌 | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【和食】人形町 ザ・ 築地
JUGEMテーマ:和食全般

THE築地

 今日は、日比谷線・人形町駅から徒歩5分ほどの場所にある居酒屋「ザ・築地」のランチをご紹介いたします。夜は刺身を中心とした海鮮居酒屋として多くのお客さんで賑わっていますが、ランチタイムも海鮮メニューを楽しむことができます。

 同店で人気メニューは、ボリュームたっぷりの海鮮丼と天丼。その中でも、特にオススメなのが写真の「特天丼」です。丼からあふれそうなアナゴ天、大ぶりの海老天などが乗ってわずか980円。さらにその上には、アナゴが3本にグレードアップした「ビックリ天丼」(1,280円)など、お腹をペコペコに空かしていっても大満足で帰られること間違いなしです!

■お店データ
 ◎ 住所
   東京都中央区日本橋人形町1丁目19-1 石井ビル1F
 ◎ 電話
    03-3249-1146
 ◎ 営業時間
   11:00〜14:00
   17:00〜23:00
 ◎ 定休日
   日曜日
| バカ舌 | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【和食】新宿 東京麺通団
JUGEMテーマ:うどん

 普段は断然うどんより蕎麦派な僕ですが、夏が近づいてくると冷水でキリッと締めた冷たいうどんが恋しくなります。というわけで、今日は西新宿の小滝橋通りにある「東京麺通団」にやってきました。

東京麺通団01 東京麺通団02
ぶっかけ 明太しょうゆ

 ここのお店は普通のうどん屋さんとは注文の仕方が少し違います(本場香川のうどん屋さんに近い感じ…なのでしょうか?)。
 
 まずはお店の前に掲示されているメニューを眺めて、食べるうどんを決めます。続いて、入り口付近にあるカウンターで食べたいメニューを店員さんに告げて、うどんを受け取ってください。そのままカウンターを進むと天ぷらなどのサイドメニューが並んでいますので、お好みの天ぷらや温泉卵などをお皿に取りましょう(もちろん取らなくてもOKです)。最後にレジでお金を払って、席に着いたら「いただきまーす」!

 麺は、東京のうどん屋さんで食べるものとは違ってとにかくコシが強い! 特に冷水で締められた麺はコシが一段と強くなり、もちもちとした食感が最高です。これにダシの入った醤油をかけていただく「しょうゆ」や、冷たいダシ汁をかける「ぶっかけ」などが食欲の減退しがちな夏にピッタリ。思わず2杯、3杯と食べたくなってしまいます。

 また立ち食いライクな店内の雰囲気とは違って(失礼!)生ビールや選りすぐりの日本酒なども用意されています。営業時間も深夜2時までなので、近くで呑んだ帰りにうどんや天ぷらをつまみにもう一杯。なんてのもいいかもしれませんね。

■ お店データ
 ◎ 住所
   東京都新宿区西新宿7-9-15
   ダイカンプラザビジネス清田ビル1F
 ◎ 電話
   03-5389-1077
 ◎ 営業時間
   朝10時〜深夜2時まで
 ◎ 定休日
   年中無休
 ◎ Webサイト
   http://www.mentsu-dan.com/
| バカ舌 | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【和食】越後湯沢 魚沼キュイジーヌ料理 むらんごっつぉ
 JUGEMテーマ:郷土料理

湯沢

 越後湯沢駅前にある越後湯沢温泉「HATAGO井仙」の2Fにあるレストランです。

 店名の「むらんごっつぉ」とは、魚沼弁で「村のご馳走」の意味だそうです。
 また、謳っている「魚沼キュイジーヌ料理」とは魚沼の郷土料理に洋風なテイストを取り入れてオリジナル色を出している会席料理をさしており、米どころ魚沼ならではのご飯の美味しさと地元の素材を活かした料理は新鮮でとてもおいしいです。
 こちらのお店はとにかくお米がおいしいです。
 魚沼産の中でも特においしいと言われている「しおざわコシヒカリ」を釜戸で炊きあげており、地のものを使ったお料理やお味噌汁はお米とのマリアージュがとてもよいです。
 たかが米かもしれませんがされど米です。
 大きな釜戸で炊いたお米は家では食べれないおいしさですので、越後湯沢に訪れた際はお寄りになることをオススメします。

 尚、1Fには魚沼産のコシヒカリ等地元名産品も置いておりますので、覗いてみると楽しいと思います。

■ お店データ
 ◎ 住所
   新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2455
 ◎ 電話
   025-784-3361
 ◎ 営業時間
   11:00〜14:30
   18:00〜21:00
 ◎ 定休日
   水曜日
 ◎ Webサイト
   http://isen.co.jp/murangozzo/
| 甘夏 | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【和食】秋葉原 ゆかり
 JUGEMテーマ:B級グルメ

秋葉原ゆかり

 大阪の味を食べたくなったら訪れる懐かしい味がするお好み焼き屋さんを紹介いたします。
 大阪の本店は1953年創業で、こちらの秋葉原店は関東初出店のお店となります。(現在は横浜シァルと越谷レイクタウンにもお店があります。)
 店員さんが目の前で焼き上げてくれるふわふわのお好み焼きに特製のどろソースや特製のマヨネーズを使い自分の好きな味に仕上げて食べる楽しさとおいしさは言葉では表しきれません。

 他のお好み焼き屋さんと何が違うのかと言われると困るのですが、ふわふわに仕上がる生地もそうですし、ソースやマヨネーズも美味しいです。
 特注でつくっているらしく低添加物のソースは食べた後のべとつきが口の中に残りませんので、食べた後に「おいしかった」そう思えるお店です。
 懐かしい味のお好み焼きを食べたくなったら是非お寄りください。

■ お店データ
 ◎ 住所
   東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX AKIBA_ICHI 3F
 ◎ 電話
   03-3526-3310
 ◎ 営業時間
   月〜土 11:00〜22:30
   日曜日 11:00〜22:00
 ◎ 定休日
   不定休(秋葉原UDXに準ずる)
 ◎ Webサイト
   http://www.yukarichan.co.jp/
| 甘夏 | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【和食】鹿児島県 指宿市営唐船峡そうめん流し
 
JUGEMテーマ:郷土料理

鹿児島・流しそうめん

 今日は指宿市(旧 開聞町)営のそうめん流し(流しそうめん)を紹介します。
 唐船峡は池田湖の南西に位置し、現在はそうめん流しの里として有名になっており、現在では年間約20万人の利用客がある一大観光地となっています。

 そうめん流しは1962年(昭和37年)にこの清流を何とか観光に使えないかと開聞町が模索した結果、竹樋からそうめんを流したことから始まりました。
 竹樋からそうめんを流すこちに関しては他の町が既に行っていることもあり、その後、井上廣則がたらいの上でモーターを用いた回転式の流しそうめん器を発明、昭和42年に特許権を町に譲渡したことで、町は町おこしの一環として流しそうめん器の実用化と唐船峡の流しそうめん発祥の地としてのPR活動をはじめたのです。

 唐船峡の1日10万トンも湧出する清水は13度ととても冷たく、そうめん流しに適しています。
 そうめん以外では鯉の洗いが名物となっています。

 写真はそうめんと鮎の塩焼きです。
 清涼な渓谷の狭間で食べるそうめんは格別ですので、お近くを旅行する際は是非お立ち寄りください。

■ お店データ
 ◎ 住所
   鹿児島県指宿市開聞十町5967
 ◎ 電話
   0993-32-2143
 ◎ 営業時間
   9:30〜17:00
 ◎ 定休日
   無休
| 甘夏 | 和食 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |